英語を真剣に学びたいなら、家庭教師より学習塾がいい

英語を学ぼうと思ったとき、どこで学ぶべきか迷うことがあります。
国内で英語を学ぶときにまず選択肢に挙がるのは、家庭教師か学習塾だと思います。
そして、お勧めなのは学習塾です。

学習塾で英語を学ぶメリットは複数あります。
家庭教師の講師は学生のバイトが多いですが、学習塾の場合はほとんどの講師が社会人です。
社会人ということは、英語を専門分野としているプロであることや留学の経験をしている可能性が高いということです。
また、教えるのが上手い講師も多いです。
一概には言えませんが、総合的に見たとき、より深い授業を受けられるのは英語に精通しているプロの講師です。

料金の面でもメリットがあります。
基本的に授業料は学習塾で受講するときの方が安くなります。
家庭教師は一人の先生に一人の生徒しかつかないので、必要なコストが大きく変わってきます。
また、学習塾が留学などを主催していた場合は積極的に参加すると良いでしょう。
つまり、授業料以外でもお得になることがあります。

学ぶ環境で比べても差が現れています。
学習塾は英語を学ぶ環境としては最適と言えます。
まず、授業の真剣さが違います。
家庭教師には学生が多いですが、それだと授業の雰囲気がかなりフランクになってしまいます。
これは悪いことでもないように思えますが、リラックス状態であると集中が途切れやすくなり、脳のパフォーマンスが低下してしまいます。
場所が家であるなら尚更です。
程よい緊張感で真剣にやれば英語の学習速度もかなり早くなるでしょう。

また、学習環境としてのメリットはそれだけではありません。
他の生徒と一緒に学ぶという形態が英語学習に多くのメリットをもたらしてくれるのです。
まずは友人が作れるという点です。
同じ授業を受けていると、互いに情報交換が捗り、自分の輪を広げられるようになります。
誰一人として同じ視線を持っている人はいなく、ことなる視線を持つ人と接することは自己の成長につながります。

次に、学習意欲が高められるという点です。
家庭教師は自分にあった内容を学習していくので、自分がどれだけ進んでいるのかいまいち実感が持てません。
対して、学習塾は集団で授業を受けるので自分の立ち位置が把握しやすいです。
そのなかでライバルができると学習に対するモチベーションは飛躍的に上昇します。
以上のことから、英語を真剣に学ぼうと思っているなら、家庭教師を選ぶよりも学習塾を選んだほうが良いです。

関連記事

  • 英語を真剣に学びたいなら、家庭教師より学習塾がいい

    英語を学ぼうと思ったとき、どこで学ぶべきか迷うことがあります。 国内で英語を学ぶときにまず選択肢に挙がるのは、家庭教師か学習塾だと思います。 そして、お勧めなのは学習塾です。 学習塾で英語を学ぶメリットは複数あります。 家庭教師の講師は学生のバイトが多いですが、学習塾の場合はほとんどの講師が社会人です。 社会人ということは、英語を専門分野としているプロで...

  • 家庭教師がセミナーに行く時に筆箱に入っているもの

    家庭教師は各種のセミナーによく行きます。自分の勉強のために足を運ぶのです。その時に筆箱を持っていきますが、その中には普通の人とはやや異なったものが入っています。それは三色のボールペンと蛍光ペンです。そのペンを有効に使って、ノートを取ります。セミナーを聞いて、大切だと思ったところは、赤ペンを使って、メモを取ります。大切なことを分かりやすくするためです。赤ペンで書いたとこ...

  • プロ家庭教師なら100点ネットや栄光も

     プロ家庭教師に依頼する方法にも、多くの種類が見られるようになりました。 以前は、派遣業者が生徒宅から受け取った授業料の3分の1か4分の1をプロ家庭教師に渡すということもよくありましたし、現在もあるわけですが、そうした料金システムは生徒にとってもプロ家庭教師にとっても歓迎されるものではないため、違う方法も考え出されました。  そのひとつが100点ネットです。 プロ家...

  • 人工知能が発達した世の中と家庭教師を必要とする統計

    人工知能が発達した社会では、家庭教師に匹敵する高い指導力が可能となっていきます。話題を呼ぶ勉強法はすぐ全国へ拡大するようになり、脳を活性化させるヒントに結びつきます。また健康的な生活とセットで学習を継続させることになれば、子供の学力が飛躍的に向上していける内容が見えてきます。過去に統計をとって得られた情報を基にして、好循環と言える学習環境の確率を目指していくことが必要...

  • 口コミである程度評価も可能な家庭教師

    どうも子どもの学校の成績が思ったように伸びないとか、下がってきている場合があります。 現在、塾に通っていて数か月以上たつのに、そういう状態ならばその塾での学習システムが合っていないことも考えられます。 勉強を指導してもらうには他に家庭教師があります。 この場合には、知り合いに頼むことはなかなか難しい場合が多いです。 したがって、多くは斡旋・仲介をする業者を通じて紹...

  • プロ家庭教師と勉強を始める時間は委員会活動も考慮

     プロ家庭教師は、1日に複数の家庭で教えていることがよくあります。 そのため、生徒が例えば放課後の委員会活動が長引いたなどの理由で、帰宅が遅れ、勉強を始める時間が遅れても、時間を後ろにずらすのが難しい場合もあります。 プロ家庭教師も、交通状況によっては、生徒宅に着くのが遅れることもあるわけですから、できれば授業開始時刻が遅れたら、授業終了時刻もその分遅らせたいところで...